診療内容

婦人科

 

一般婦人科疾患

月経異常、異常性器出血、下腹部痛、腰痛、下腹部の腫瘤、外陰部掻痒感、帯下、排尿排便障害などについて診療を行います。

 

癌検診

子宮頚がん、子宮体がんの精密検査を行っています。もしがんが発見された場合にはしかるべき施設にご紹介致します。当院では子宮頚部前がん病変(軽度異形成、中等度異形成)のレーザー治療は行っております。

​⇒詳しくはこちら

 

性行為感染症(STD

セックスでうつる病気、性行為感染症(STD = sexually transmitted diseasesの略)は、かつては「性病」と呼ばれ、いわゆる「遊んでいる人」の病気と考えられていました。ところが最近は性行動が若年化しており、自由化しているため若い人の間でいろいろな病気が流行しています。またSTDには男性より女性の方がかかりやすく、またかかれば体へのダメージが大きいです。気になる症状がある方は、早めの受診をおすすめしています。

​⇒詳しくはこちら

 

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋肉に、こぶのようなかたまりができる病気です。こぶはひとつのこともあれば、たくさんできることもあり、豆粒大のものもあれば、赤ちゃんの頭ぐらいのものもあります。ほとんどが良性の腫瘍ですが稀に悪性の"子宮肉腫"のこともあるので、定期的に検診を受けることが重要です。子宮筋腫は女性ホルモンの影響により大きくなりますが、閉経になると卵巣からの女性ホルモンが分泌されなくなるため、以後発育せず小さくなります。

​⇒詳しくはこちら

 
 
 

レーザー治療(子宮頚部初期病変)

当院では子宮頚部前がん病変である軽度異形成、中等度異形成までのレーザー治療を行っております。それ以上に進行した病変が発見された場合にはしかるべき施設にご紹介致します。また外陰部にできた尖圭コンジローマ(性行為感染症のひとつです)もレーザー治療を行っております。